精油の使い方で注意したい7つのこととは?

アロマテラピーの使い方を知っていても、注意事項は知っていますか?

 

アロマテラピーで使用する精油(エッセンシャルオイル)を使って、リラックスやリラクゼーションに役立てる人も増えてきました。

精油の香りは、想像以上に気分を前向きにして、いつもの風景や日常を違う世界にきたかのように、明るく見せてくれます。

でも、精油を使用にあたって注意しなければいけない事があります。

7つの項目にわけ説明していきます。

注意してほしい7つのこと

1.原液を直接肌に塗らない


精油は植物の芳香成分を抽出したエッセンスです。
原液では刺激が強すぎてしまい、皮膚や粘膜などに刺激や赤み、発疹などの異常がみられる可能性があります。

原液がついてしまった場合は、すぐに清潔な大量の流水で洗って下さい。
症状がでてしまったときは医師の診察をおすすめします。

 

2.原液を目に直接入れない


精油は植物の芳香成分を抽出したエッセンスです。
目は皮膚よりも敏感な部位のため、刺激を与えてしまいます。

精油を誤って目に入れてしまった場合は、大量の流水で洗い流して医師の診察を受けて下さい。

 

3.原液を飲まない


これまでのことからも分かるように、刺激を与えてしまうため当然飲んでもいけません。
もちろん、うがいもおすすめできません。

子供などが精油を間違って飲んでしまった場合は、無理に吐かせたりせず、すぐに医師の診察を受けて下さい。
そのとき、誤飲してしまった精油を持参したり、メモして持参しましょう。

 

4.引火性のため火気のないところで使用する


これは精油の原液だけでなく、精油を使って作成したアロマスプレーなどの使用も、火気のないところで注意して使用して下さい。

 

5.高温多湿や紫外線を避け、冷暗所で保管する


精油は抽出したときから成分の変化が始まっています。
空気や紫外線、温度、湿度に注意して保管するようにして下さい。

また、精油の容器(瓶)は遮光の物を使用して、開封後1年を目安に使いきるようにして下さい。

 

6.妊娠中・授乳中・お年寄り・既往症方は専門家にご相談の上ご使用ください。


精油は様々な効能があり、不快や異変を感じたら使用は中止して下さい。

妊娠中の方は、芳香浴を楽しむ程度であれば、香りの強さに注意して使用してもかまいません。
ただ、トリートメントは皮膚を通して精油の芳香成分が体内に取り込まれます。
一部の精油には通経作用のあるものもあるため、使用を控えるか、専門のセラピストや、医師に相談して下さい。

子供の使用について、3歳以下のお子様には芳香浴以外は行わない方がいいでしょう
芳香浴をする場合は、大人の半分以下にするといいです。
また、子供の手の届かないところで保管して下さい。

 

7.柑橘系の精油の使用後の外出に注意する


柑橘系の精油(特にグレープフルーツ・レモン・ベルガモット)は、日光に当たるとシミや炎症が起こる場合があります。
使用後や外出前、外出中に使用する際は十分ご注意ください。

 

※これも大事!※
アロマテラピーは医療の分野ではありません。
治療や薬でもないため、使用にあたっては自己責任において楽しんで下さい。

 

注意事項をご紹介しましたが、難しく考えずアロマテラピーを楽しんで下さいね。

 

植物の香りは今から3000年以上前から、多くの人が様々な形で使用してきました。
それを、現代の私たちが「精油」という形で使用しています。

時間がないときや家にいながら、または仕事をしながらでも植物の香りを楽しめるなんて、とても幸せだと思いませんか?

精油の力をかりて、日常を豊かに快適にすごしていきましょ^^

 

 

aroma shop BELLE(アロマショップ ベル)

店主のブログ

** 香りはあなたの味方になる **

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中